横断幕のサイズで悩んでいます。おすすめのサイズは?

もしもの時の横断幕知識あれこれ

もしもの時の横断幕知識あれこれのメインイメージ

横断幕のおすすめのサイズは、用途によって異なります。事前にイベント会場をリサーチすることで設置イメージがしやすくなります。

横断幕のサイズで悩んでいます。おすすめのサイズは?

横断幕のおすすめサイズは、用途によって異なります。

また、横断幕を掲示する会場によってルールが決まっている場合があるので注意が必要です。

■一般的な横断幕のサイズ

イベント会場などでは、比較的コンパクトなサイズの縦60cm~120cm、横150cm~360cmの横断幕の使用が多く、スポーツ会場では、インパクトのある大きめサイズで縦100cm~150cm、横200cm~400cmのものが主流のようです。

会場によっては、横断幕の設置サイズに規定がある場合がありますので、事前に確認しておく方と間違いがありません。

■人気のサイズ

「縦60cm×横180cm」「縦90cm~横200cm」「縦120cm~横300cm」が人気です。

屋内の会場では、縦が120cm以上、横は縦との比率が1:3までのものがおすすめです。

屋外のスポーツイベントでは、横が300cm以上あると大きな会場でも目立ちます。

あまり小さくても目立ちませんし、大きすぎても設置場所に困ってしまいます。

あらかじめ横断幕を設置する場所をリサーチし、適正な大きさのものを選ぶと良いでしょう。

シーツやカーテンなど、大きめの布を目安にするとイメージが掴みやすいです。

■サイズで悩んだら経験豊富なプロに相談

横断幕は、大きければ大きいほど目立ちますが、その分高額になり、設置や持ち運びも大変になってしまいます。

予算があらかじめ決められている場合は、価格表を頼りにサイズを検討してみると良いでしょう。

持ち運びや保管なども考え、管理しやすい大きさがおすすめです。

「完成してみたらイメージと違った」ということにならないよう、経験豊富なプロに相談することをおすすめします。